三学経営科学研究所-高橋基人主宰-中国ビジネス指南
お問い合わせ | 

PM2.5~北京の大気汚染をめぐるあれこれ

 粒径2.5μm。大気中の汚染物質を計測する際、どれくらいの大きさの粒子までを計測するか、国によって基準が異なる。アメリカは粒径2.5μm、つまりPM2.5を基準としている。一方、中国はPM10。日本はその中間とのこと。

アメリカ大使館は、毎時間北京市内の大気汚染をアメリカ基準で測定し、その結果をツイッターで発信しているが、その結果が、北京市発表のものと大きく異なっている。中国の大気汚染状況は「級」で表示されており、1級から3級まであるが、いかにも大雑把なくくりであるし、級で表示される大気の状態と実感はかけ離れている。その一方で、アメリカ大使館の「@Beijingair」の表示は、臨場感たっぷりで、かつまた適格だ。「Crazy」,「Hazardous」などと言った表示には、思わず拍手喝采。スモッグで視界が300メートルしかないときもある。深呼吸などとてもできない。ほんの100メートル歩いただけで手や顔を洗いたくなる。冬場は暖房のために石炭を焚く(北京は地域暖房が多い。火力発電所などから供給される熱を再加熱するため、市内のあちこちに石炭焚きの加熱施設があるためだ)ので、大気汚染はもっとひどくなる。晴れた日でも太陽がスモッグを通して暗いオレンジ色にしか見えないときもある。

さて、アメリカ大使館が北京の大気汚染状態を独自基準で公表していることに対し、中国の環境保護局は、2009年時点から、「中国人民を混乱させるもの」として善処を要請しているようだ。一方、北京の環境保護局も、北京市政府が大気汚染度が2級よりも軽い日の実現についてノルマを課されているので、それに沿った結果や予測を発表しなければならない。彼らもPM2.5の測定器を持っていて、しかもそれで大気汚染度を計測しているようなのだが、それを公表するとノルマが達成されなくなるので、従来のやり方を継続せざるを得ない。

しかし、正確な情報を知らされている中南海に住むトップリーダーたちは、各部屋すべてに空気清浄機を設置しているという。彼らも大気汚染の深刻さは十分承知しているとおうわけだ。(ここで、少し話題がそれます)それにしてもどんな空気清浄機なのだろうか?実際、北京の富裕層では、日本製の空気清浄機が結構人気を呼んでいる。しかし、ネックは価格が高いことだ。日本では普及タイプの空気清浄機の価格は1500元。しかし、この値段だとエアコンが買える。もうひとつの問題は、中国の富裕層が住む部屋は概して広いこと。日本製の空気清浄機ではとても対応できない広さだ。

実は、かつて筆者も調べたことがあるのだが、亜都という中国メーカーがVIP用と称して大会議室でも使用できる空気清浄機を製造販売している。VIP用というからには、外装も胡桃材などを用いた木目調にして高級感を演出している。ただ、確かに、吸い込み能力は大きいのだが、結局それを活性炭を通しているに過ぎない。図体はでかくて立派だが、機能はひどく単純なのだ。そのくせ、一台2~3万元もする。

想像だが、中南海のお偉いさんたちが使っている空調機や空気清浄機には、結構日本製が多いのではないか。北朝鮮では、日本の某メーカーのエアコンが空調の代名詞になっているうえ、ぜいたく品として禁輸の対象になっているというが(ちなみに、このメーカーは北朝鮮に販売した大型空調機の代金をまだ払ってもらっていない。請求しに社員が北京からピョンヤンに出張した社員が、空港で、「売掛金の回収に来た」と言ったところ、その場で拘束され、数日監禁された上、「もうこんなことはしません」と始末書を書いて出国したという話が伝わっている)、中国でも、日本メーカーご指名のケースが少なくないようだ。

さて(話は戻ります)、中南海のトップリーダーが空気清浄機を使っているという話は中国のメディアでも取り上げられているし、アメリカ大使館のツイッターを見て大気汚染の度合いをチェックしている北京人も少なくないだろう。そうした事情を反映しているのかどうか、7日、北京のNPOが、ついにPM2.5を基準とした大気汚染の実態を調査し公表した、という記事が経済観察網に掲載された。ただし、厳密には大気汚染ではない。禁煙、分煙しているレストランをそれぞれ51件調査し、室内の空気の汚染度をPM2.5を基準に計測し(ちなみに、北京では5月1日からレストランでの禁煙が義務付けられている。ただし、分煙にしているところもある)、タバコを吸うやつがいるレストランの空気の汚染度はそうでないところの3倍だという結果を公表した。

この記事、素直に読めば禁煙キャンペーンと公衆道徳の改善を訴えているように思えるが、北京の大気汚染をめぐる状況と、メディアの対応などを見ると、環境保護局の良心的な人々が「われわれも、PM2.5を基準に測定できるし、それを発表したい。けど、禁煙にかこつけてしかできない。知って欲しいことは、北京の空気はタバコの煙で汚染された部屋よりも汚いってことだ。禁煙キャンペーンなんてちゃちなことでいい格好するよりも、もっとやるべきことがあるだろう!」というメッセージを発することが目的だったようにも思える。

 

<参考>

http://www.eeo.com.cn/2011/1107/215148.shtml

http://blogs.wsj.com/chinarealtime/2011/11/04/smog-bureaucratic-waffling-add-to-beijings-murk/?mod=WSJBlog&mod=chinablog

http://www.newsweekjapan.jp/column/furumai/2011/10/post-404.php

http://www.nies.go.jp/kanko/kankyogi/21/10-11.html

コメントをどうぞ